非正規と正社員のエンジニアの業務内容や責任の大きさに関しては、勤め先の方針に大きく影響を受けるため、求職中からじっくりと業界研究をすることが重要です。特に、エンジニアの人数が少ない職種に関しては、多くの企業で賃金が高めに設定されることがあります。しかし責任が重くなりやすいことがあるため、正社員と非正規の違いに加え、どちらが自分に合っているのかなどを考察した上で早めに転職時の希望条件を決めておくことが大事です。

以前は、エンジニアの非正規と正社員では、勤務日や勤務時間、給料などに差があるケースが良く見受けられましたが、ここ数年のうちに非正規であっても正社員と変わりのない条件で働いている人も増えています。そこで、これまでの経験を役立てたい時には、成果主義が導入されているIT企業の取り組みに注目することで、雇用形態によらず能力に応じた賃金を得ることがおすすめです。エンジニアの職種ごとの人口は、情報関連の専門誌などで度々掲載されることがありますが、なるべく将来性のある職種で働き続けることで、キャリアアップを目指したり転職したりする際に大いに役立ちます。

また、エンジニアの研修制度の内容に工夫を凝らしているIT企業に関しては、幅広い年代の求職者の間で関心が寄せられており、各自のスキルによって仕事上の知識を身に付けられるというメリットが期待できます。その他、実際にベテランのエンジニアの体験談などに目を通しておくことで、業界内の需要の高い職種について理解を深めることができます。